2022.7.7

会社成長のため、感謝が循環し継続していくチームづくりへの挑戦!

CLIENT :

有限会社ウェリントン  有限会社ウェリントン

担当者:代表取締役社長 瀬戸直人様

悩み・きっかけ

会社として更に成長していくには「感謝を贈り合う」と決め継続することは必要不可欠

 会社として更に成長していくには、「感謝を贈り合う」と決め継続することは必要不可欠

▲㈲ウェリントン 瀬戸様

「会社成長のため、感謝が循環するチーム」を目指し「thanks!」アプリを導入しました。 私は仕事は一人だけでは回せない、感謝が伴わないとうまく回らないという考えをもっていて、 元々、紙のサンクスカードを贈り合う取り組みを行っていたのですが、継続的な運用ができなかったことを問題だと感じていました。

弊社では建材・家具の生産・輸入・販売事業を行っており、本社・倉庫・店舗の3拠点で活動しています。商材としては、 アンティークと新品を扱う部署に分かれています。アンティーク部署は海外から輸入した後、受注が決まったタイミングで職人が修繕してから出荷します。 お客様の要望を的確に伝えるためにも営業と職人の連携は重要です。しかし、受注が増え忙しくなってくると営業と職人のコミュニケーションに問題がでてきました。 次第に営業が職人に要望自体を言いづらい状況になり、受注しなくなるという負のループに陥っていたのです。新品を扱う部署においても、 web部隊と出荷部隊に分かれて連携しているため似た問題がありました。

連携する相手への感謝はもちろん、会社一体となって感謝を循環させたいと考えていたとき、私の所属している経済同友会で紙のサンクスカードを贈り合う事例を聞き、 運用を始めたのがきっかけです。紙のサンクスカードは手書きの温かみや、カードを掲示することで生まれる雰囲気にメリットを感じていましたが、 紙という媒体のためどうしても書く手間がかかり、また拠点を越えて贈り合うことが難しく、贈る人が偏ってきてしまいがちです。 結果スタッフにとって継続が難しく、残念ながら尻すぼみとなってしまいました。

今後会社として更に成長していくには、「感謝を贈り合う」と決め継続することは必要不可欠。 そんな折、手持ちのスマートフォンから手軽に発信や集計ができ、ポイントインセンティブによりスタッフのモチベーションを高められる「thanks!」アプリであれば、 継続ひいては習慣化できるのではと考え導入を決めました。

 

導入プロセス

経営指針書にサンクス目標を組み込み、目標達成を目指す

 ”経営指針書にサンクス目標を組み込み、目標達成を目指す

▲㈲ウェリントン 瀬戸様

全社員チームとして利用開始しました。開始にあたっては、目標設定と利用方針を伝えることを心掛けました。 目標は、毎年作成する「経営指針書」の中に「サンクス目標」項目を組み込みました。 年間目標と月間目標を設定し、「毎月のthanks!数目標は絶対達成しよう!」と全スタッフへ伝えました。 利用方針については、ノート上でオープンに感謝を伝え合う使い方をしています。 その場で相手に感謝を伝えることももちろん大切だけど、全員に知ってもらえるようアプリを通して伝えることの大切さも伝え推進しています。

 

効果・評価

デジタルだからこそ!モチベーション維持しながら目標達成を実現

デジタルだからこそ!モチベーション維持しながら目標達成を実現

利用開始から数か月たちましたが、月間目標はクリアしています。案外簡単に達成できたという実感もあります。 デジタルになったことで思い立った時に贈ることができ、また全員がすぐにそれを共有できるようになったため発信が定着してきていると思います。 そして「ポイント交換機能」が活用のモチベーションとなっているようです。「thanks!」で共通の話題ができ、自然と活用が促進されているように思います。 たとえ最初はポイント交換がモチベーションでも、結果お互いがきもちいい感謝のやり取りができていれば効果は十分だと考えています。 理想を言えば、ポイント交換がなくても贈り合えるくらいになってほしいですけどね笑

マネージャー達が徐々に、自分のチームのスタッフをPRするような使い方をしてくれるようになってきたのは嬉しい変化ですね。 彼らももちろんリアルでほめているのだと思うのですが、その場にいないと気づけないことも多いですからね。 特に私は拠点間を行き来することも多いので、「thanks!」がスタッフとの会話やほめるきっかけにもなっていてとても有難いです。 管理画面上で発信データを確認できるのですが、メンバーの発信が増えていると嬉しくなります。 引き続き各月の目標と年間目標達成に向けて継続していきたいです。

 

これから・期待

「お客様の声機能」を活用し、ESとCSのバランスを取っていきたい

 ”「お客様の声機能」を活用し、ESとCSのバランスを取っていきたい

▲「thanks!」お客様の声機能

コロナ禍ではリアルで集まることも難しいため、「thanks!」を会社を盛り上げるツールとして活用していきたいと考えています。 具体的には、「thanks!」上でカジュアルな表彰を行っていきたいです。真面目な評価は人事評価制度へ組み込んでいきたいと思っているので、「thanks!」上では毎回表彰テーマを変えて楽しんで運用していけたらと思っています。 メンバー全員に光をあてられるように、マネージャーに主導してもらうことで、マネジメント力の成長も期待しています。

また「お客様の声機能」については、弊社にピッタリな機能なので活用していきます。 私は”まずESありき”と考えているためともするとお客様目線(CS)が抜けてしまいがちなところがあります。 私の影響もあるのかマネージャー達もESに偏りがちのため、「お客様の声機能」を使い お客様の声を受取ることができればCSを意識し続けることができると思います。 中小企業の多くは、ESとCSのバランスに苦労しているのではと考えているので、 まずは自分たちのチームで活用し好事例を生み出していきたいです。