2022.7.7

これからの会社文化・チームづくりの基盤となるポジティブコミュニケーションの仕組みづくりに活用!

CLIENT :

株式会社リールステージ  ㈱リールステージ

担当者:㈱リールステージ 平野様

悩み・きっかけ

施設の雰囲気がマネージャーのマネジメント力やキャラクターによって、良くも悪くも左右されてしまっていました。

 施設の雰囲気がマネージャーのマネジメント力やキャラクターによって良くも悪くも左右されてしまっていました。

▲㈱リールステージ 平野様

「これからの会社文化・チームづくりの基盤となる仕組みづくり」を目指し「介護thanks!」を導入しました。私たちは「8つの価値基準」を掲げており、その一つ一つが日常から実行されるような会社文化・チームづくりを目指しています。 その背景として、施設内の雰囲気に課題がありました。従来よりトップダウン型のマネジメントを行ってきたため、施設の雰囲気がマネージャーのマネジメント力やキャラクターによって良くも悪くも左右されてしまっている状況でした。 そうした属人性を解消するためにメール・チャットシステムを導入したのですが、情報共有はできても事務的でネガティブなコミュニケーションになりがちなことを問題だと感じていました。雰囲気づくりにはポジティブな感情を乗せて伝えることも必要だと考えていたためです。 そのような折に、「介護thanks!」を知り導入を決めました。ポジティブ特化サービスである点がとても良いと感じたのが決め手です。

 

導入プロセス

マネージャー達にはなによりも楽しんで使ってもらいたいと思っています。

 ”マネージャー達にはなによりも楽しんで使ってもらいたいと思っています。

先行してマネージャーチームから導入開始しました。 ゆくゆくはスタッフも含めた施設チームでの活用を見据えているため、まずはマネージャー全員が「介護thanks!」の利用目的・方針を理解し率先して活用している状態にすることが必須だと考えたからです。

推進するにあたっては、会議の場や電話、対面で目的・発信内容・運用方法を繰り返し伝えました。 マネージャー達にはなによりも楽しんで使ってもらいたいと思っています。 「介護thanks!」にはデフォルトで感謝・ホメる・承認などをテーマにした様々なスタンプがセットされているのですが、弊社ではそれに加え「8つの価値基準」もオリジナルスタンプ化してセットしています。「色々なスタンプがあって楽しいよ!まずは贈ってみて!」と気軽さをアピールして乗せていきました(笑) また、推進者である私自身も率先して発信し、マネージャー達のノートに反応することを心掛けています。

効果・評価

意外な過去やパーソナルな情報を知ることができ、リアルでも話しかけやすくなったという声をよく聞きます。

意外な過去やパーソナルな情報を知ることができ、リアルでも話しかけやすくなったという声をよく聞きます。

▲㈱リールステージ 平野様

マネージャー同士でコミュニケーションを取る機会が少ないため、まずはお互いのことをより深く知り合うために「自己紹介ノートリレー」を行っています。バトンが回ってきたらノート上で自己紹介し、そのノートに他のメンバーからthanks!を贈るかたちで運用しています。 新人マネージャーはコロナ期間中に他マネージャーに会う機会が少なかったのですが、過去の自己紹介ノートを見て人となりを知ることができたようです。 一方古株マネージャーにとっては、自分のエピソードを語れる貴重な機会となっているようです。想いが溢れ長文になってしまう人もいます笑  意外な過去やパーソナルな情報を知ることができ、リアルでも話しかけやすくなったという声をよく聞きます。「介護thanks!」という感謝コミュニケーションサービス上で、相互承認し合うという前提で行うからこそ起きているいい変化だと思います。 また、誰しも初めてノートを発信するときは勇気がいるものですが、リレー形式でバトンが回ってくることで自然な形で発信のきっかけを創れるところが推進しやすいと感じています。

 

これから・期待

店舗での活用をマネージャー達に推進してほしい

 ”マネージャー達には推進リーダーとして施設内で旗振り役になってもらうことを期待しています。

▲㈱リールステージ 平野様

今後はいくつかの施設チームをピックアップし展開していきたいと考えています。 マネージャー達にはその推進リーダーとして旗振り役になってもらうことを期待しています。 Special thanks!機能を活用して、施設内で仲間のいいところを見つけ伝えていってほしいです。 そのような実感を得てもらえるよう本部としてもサポートしていきたいです。

「介護thanks!」を活用し「これからの会社文化・チームづくりの基盤となる仕組みづくり」を推進していきたいと思います。