2022.7.7

離職防止の決定打としてコミュニケーション改善を!

CLIENT :

医療法人北翔会  北翔館

担当者:医療法人北翔会 北翔館所長 大野様

悩み・きっかけ

離職防止の決定打を探していました。

 離職防止の決定打を探していました。

▲医療法人北翔会 大野様

 

以前より、医療法人として離職防止の施策を推進していました。給与待遇の見直しや業務改善を行ってきたのですが、一定の効果はあるものの決定打ではないと感じていました。 次はコミュニケーション改善を図ろうと考えていた折、雑誌で「thanks!」サービスを見かけたのが検討を始めたきっかけです。 コミュニケーション改善の決定打に「thanks!」がなるのではないかとイメージを持ち、導入を決めました。

まずは「北翔館」で「チーム一体感持って働けるようなチームづくり」を行うため「thanks!」アプリを導入しました。 元々、北翔館ではスポーツイベントや、社員旅行、ご利用者様のご家族を招いた夏祭り、年に数回懇親会を行っていたので、職員同士交流していました。 しかしコロナになり、それらが一切できなくなったことでコミュニケーション機会が激減していた状況でした。 チームで働いているため、日頃からコミュニケーションを取っておかないと利用者様により良いサービスをすることができません。 お互いに感謝・称賛・承認し合うことで自分の仕事への意識もあがり、思わぬ事故に繋がることを防ぐ意味もあると考えています。

 

導入プロセス

法人として職員を想っているよと伝えるため「福利厚生」であることを強調して導入しました。

各フロアチームとして開始しました。 開始にあたっては、法人として職員を想っているよと伝えるため「福利厚生」であることを強調して導入しました。

職員に対しては、とにかく楽しんでコミュニケーションを取ってもらいたいと伝えています。 「自己紹介」をリレー形式で回していく方法で利用開始したのですが 職員になじみ深い法人月報(職員紹介ページ)のイメージで書いてもらうよう伝達したのですが、イメージをつかみやすかったようです。

リーダーに対しては、業務意識を持ってもらうようしっかり活用促進しています。 具体的にはリレーの推進と、誕生日・勤続祝いノートを都度発信するよう促進しました。 職員のコミュニケーションが円滑になれば管理職としてやりやすくなるよと、リーダーにとってのプラスを強調しています。 職員の発信や反応を引き出すために、サブリーダーにもリーダーのサポートをお願いしたり、 事務局アカウントから全体連絡、ポイント交換を促す等のフォローも継続中です。

 

効果・評価

「自己紹介ノートリレー」でお互いを知り合うきっかけづくり

「自己紹介ノートリレー」でお互いを知り合うきっかけづくり

▲医療法人北翔会 大野様

「自己紹介ノートリレー」はお互いを知る機会となりとてもよかったと感じています。 新人職員が入ったのですがコロナ禍で歓迎会ができなかったこともありいいきっかけとなったようです。 また、職員の意外な一面を知れたことは収穫です。仕事への想いや自分の考えを発信しているのを見て、 そんな風に考えていたんだと驚くとともに評価が上がりました。 管理職からは見えづらい職員の良いところを発見できるので、とても有難いです。

 

これから・期待

お客様の声機能で職員のモチベーションアップを目指します。

 ”お客様の声機能で職員のモチベーションアップを目指します

▲「thanks!」お客様の声機能

各チームごとの使い方に独自の色が出ているのでそれを活かしながら推進していきたいです。 お客様の声機能は今後ぜひ活用していきたいと思っています。 コロナ以前は夏祭りや利用者カンファレンス等、ご家族一緒に過ごす機会を設けていて、 そこでお声を頂けることが職員のモチベーションとなっていました。 そういった場が設けられなくとも、お声を頂くことができたら職員のモチベーションが上がるだろうと思うので推進していきたいです。 まずは北翔館で実績を出し、他施設へも「thanks!」を展開していきたいと考えています。