既存のコミュニケーションツールと併用して 新しいコミュニケーションを!

導入事例

(左:福岡店長 右:クルーの方)

▲左:福岡店長 右:クルーの方

CR_logo

 

会社名 株式会社クリエイト・レストランツ
店舗名 マッチャハウス京都河原町
担当者名 福岡店長
会社説明 『お客様も、働く仲間も、地域にお住まいの方々も、みんなが幸せになれるレストランをたくさんつくりたい!』という企業理念の元、全国でレストラン・フードコート運営を行う。

 

< この事例のポイント >

1 導入目的・利用方針を現場に明確に伝えることが活用の鍵!
2 伝えるタイミングを逃しても、気軽にthanks!
3 「thanks!」はポジティブなコミュニケーションツールとして有用

 

悩み・きっかけ

もっとくだけた“今日もおつかれ”のようなコミュニケーションがツール上でもあってもいいと思っていました

福岡店長:
今まで店舗内ツールとしてLINEを利用していました。LINEは全体へ業務連絡を伝えるだめに利用しており、個人同士のLINEも、シフト相談等の業務連絡で送ることが多かったです。スタッフ同士が仲良くなってもらうことはかかせないため、もっとくだけた“今日もおつかれ”のようなコミュニケーションがツール上でもあってもいいと思っていました。

 

導入プロセス

導入目的や、利用方針は明確に伝えてほしいと感じました

福岡店長:
本部から導入の話を聞いたとき、いらないのでは?というのが率直な感想でした。LINEというツールが既にあったたためです。「thanks!」アプリは何のために導入し、どのように使うツールなのかがあいまいだったため、そこを理解したうえで開始できればなおよかったと思います。

 

効果・評価

忙しかったり、シフトがずれたりで直接声掛けするタイミングを逃しても、デジタル上でフォローや感謝を簡単に伝えることができます

福岡店長:
「thanks!」アプリはポジティブなコミュニケーションツールとして有用だと感じます。忙しかったり、シフトがずれたりで直接声掛けするタイミングを逃しても、デジタル上でフォローや感謝を簡単に伝えることができるのは便利です。ある日他店舗のヘルプにあるスタッフと一緒に行ったのですが、すごく忙しかったため休憩もほとんど無く働いてもらってしまったことがありました。そのことを申し訳なく思っていたものの、タイミングを逃し声をかけることができませんでした。その日の夜、その子から“今日はお疲れ様でした!”というポジティブなthanks!が届き、”大丈夫だったんだ”と分かりとても安心しました。

 

これから・期待

学生スタッフが社会に出る時少しでもうまくやっていけるように、大事なことはここで教えてあげたいです

福岡店長:ポジティブなコミュニケーションを通じて互いを高め合っていってほしいです。店舗の方針として、先輩スタッフに新人スタッフの面倒を見てもらっています。また、挨拶、ありがとう、ごめんなさいは皆に伝えるよう徹底しています。うちの店舗は7割学生スタッフで回しています。学生スタッフのほとんどは飲食業界ではなく、他の業界で社会に出ていきます。社会に出る時少しでもうまくやっていけるように、大事なことはここで教えてあげたいです。

You may also like...