既存のコミュニケーションツールと併用して 新しいコミュニケーションを!【マッチャハウス 抹茶館 京都河原町店】

thanks! 導入事例インタビュー:マッチャハウス京都河原町様

CR_logo
企業:株式会社クリエイト・レストランツ
店舗:マッチャハウス京都河原町
事業内容:飲食店舗の運営

(左:福岡店長 右:クルーの方)

(左:福岡店長 右:クルーの方)

株式会社クリエイト・レストランツは、外食事業グループ、クリエイト・レストランツグループの主力事業会社。立地に合わせた多様なブランド展開が特徴で、現在全国で150ブランド350店舗強を展開している。今回はthanks!導入店の中で、現在京都で若い女性に大人気の店舗、マッチャハウス京都河原町福岡店長のお話を伺った。

「フランクなコミュニケーションをするのは“thanks!”業務連絡はLINEと使い分けはできました」

thanks!導入当初は抵抗感もあったそうだ

「最初は何のために使えばいいんだろう、と思いました。今でもLINEグループをお店で使っていて、そこでシフトや新しいキャンペーンなどの業務連絡をしています。コミュニケーションツールとしてはLINEもあるので、いらないのでは?というのが率直な感想でした。みんなに登録してもらって使い始めてからは、自然と使い分けはできていました。LINEは業務連絡を伝えるだめに贈っていて、個人LINEも、シフトのお願いなんかで送ることが多いです。thanks!は、もっとくだけた、“今日おつかれ”のようなコミュニケーションに使っています。」

thanks!を利用していて印象的なシーンをうかがった

「他店舗のヘルプにバイトの子と一緒に行った時に、その日すごく忙しくて、余りフォローしてあげることもできず、休憩もほとんど無く働いてもらってしまったことがありました。その日は退勤するその子を見送って仕事に戻りましたが、その後“今日はお疲れ様でした”というthanks!がその子から届いていて、“今日は大変な思いをさせてしまったけど大丈夫だったんだな”と思って安心しました。」

学生が圧倒的に多いこの店舗での運営において心がけていることをうかがった

「うちの店舗は7割学生で回しています。バイト同士で仲良くなってもらうことは必須です。教育も、バイトが新人の面倒を見るようにして、間違いがあれば教えた先輩バイトを叱りつつ、2人とも指導をするようにします。あとは、挨拶、ありがとう、ごめんなさいは皆に伝えるよう徹底しています。学生のアルバイトは、ほとんどは飲食業界に行くのではなく他の業界で社会に出ていきます。その子達が社会に出る時少しでもうまくやっていけるように、社会に出て大事なことはここで教えてあげることが、私たちの使命だと思います。」

You may also like...