直接で補いきれないコミュニケーションのきっかけづくりに【ザプラチナム ルクア大阪】

thanks! 導入事例インタビュー: ザプラチナム ルクア大阪様

CR_logo
企業:株式会社クリエイト・レストランツ
店舗:ザプラチナム ルクア大阪
事業内容:ビュッフェレストランの運営

ザプラチナム

(ザ プラチナムルクア大阪 金山店長)

株式会社クリエイト・レストランツは、外食事業グループ、クリエイト・レストランツグループの主力事業会社。立地に合わせた多様なブランド展開が特徴で、現在全国で150ブランド350店舗強を展開している。今回はビュッフェレストラン形式の店舗で“thanks!”を導入した、ザプラチナム ルクア大阪様の声を伺った。

「どうしても直接言えないタイミングで、感謝を伝えられるツールというのは無かったので、良いなと思いました。」

LINEなどの連絡ツール、直接のコミュニケーションで足りなかった感謝の補完として、thanks!は有効だそうだ

LINEを業務連絡用に使っていましたが、LINEで今日ありがとうとか、感謝を伝えるような事はなかったので、感謝を伝えられるツールは良いなと思いました。言葉で直接顔合わせてきちんと伝えるのが一番で、お店でも直接のコミュニケーションを大事にしていますが、どうしても直接言えないタイミングというのがあるので、それを補えるツールです。

ザプラチナム金山店長

(ザプラチナム 金山店長)

金山店長独自のthanks!の贈り方もご紹介いただいた

「業務が終わってから、シフト入ってくれたクルーに贈ります。明日のシフト表を見て、明日も入っている人には“明日もよろしく”入ってない人には“ありがとう、ゆっくり休んでね”と贈ることが多いですね。」

とくに新人には、気をつけて贈るようにしていたそうだ

「新人クルーは、関係がまだ出来ていないのでどうしてもコミュニケーションが少なくなりがちです。その意味で言うと、”thanks!”は気軽なコミュニケーションのきっかけになりました。新入社員も、よく”thanks!”でもやり取りをしますが、たくさんコメントを返してくれます。」

心に残ったthanks!をうかがった

「仕事でミスがあったスタッフから、“叱ってくれてありがとうございます。次失敗しないように頑張ります!”と来た時は、感謝の気持ちがこもっているのを感じました。」

You may also like...