フードコートのブースごと運営でも、 “ありがとう”の横断的コミュニケーション活性化【フードコート ネオパーサ浜松様】

thanks! 導入事例インタビュー:フードコート ネオパーサ浜松様

CR_logo
企業:株式会社クリエイト・レストランツ
店舗:フードコート ネオパーサ浜松
事業内容:フードコートの運営

ネオパーサ浜松店長・スタッフ

(左:スタッフさん 右:松村店長)

株式会社クリエイト・レストランツは、外食事業グループ、クリエイト・レストランツグループの主力事業会社。立地に合わせた多様なブランド展開が特徴で、現在全国で150ブランド350店舗強を展開している。今回はフードコート形態の運営店舗から、“thanks!”を導入したネオパーサ浜松様の声を伺った。

「フードコート全体で入れたので、ブースを超えて今までコミュニケーションを取っていなかった人と話せました」

ネオパーサ浜松は、フードコートの6つのブースを一括運営するため、通常の店舗とは違うフードコート特有のコミュニケーション課題があったという。

「どうしても全体を1人で見ることが出来ないのと、社員のやる気を高めるために、6つのブースそれぞれのリーダーを社員に任せて、どうしても解決できない時に店長にあげるという体制をとっています。LINEのグループも各ブース毎に作られていたので、ブースをまたいだコミュニケーションはどうしても少なかったです。もちろん、近くのブースであれば、スタッフ同士助け合いはあります。ただどうしても遠いブース同士はコミュニケーション少なかったです。」

その課題に関しては、thanks!は全員で参加できた点で、導入効果があったという。

「それぞれのブースでLINEは使っていますが、全体でのコミュニケーションツールはありませんでした。更にLINEは、会社としての連絡事項を伝えるための場所だったので、お互いに言葉をつけてコミュニケーションをする場ではありませんでした。thanks!は、フードコート全体で入れたので、今まであまりコミュニケーションを取らなかったクルーとも、コミュニケーションが取れて良かったと思います。」

ネオパーサ浜松店長

(ネオパーサ浜松 松村店長)

thanks!の登録や導入において、気をつけた事をうかがった。

「うちは年配の主婦がメインなので、登録にやはり苦労しました。アプリって何?から始まるような人もいて、社員から一人ずつ丁寧にガイドしていきました。登録してからは、特に最初のうちは、自分や社員が中心となって取り組む必要があると思ったので、自分からまず贈るようにしました。今ではアルバイトも率先して贈るようになっています。年配の方も、操作が簡単なので楽しんで使っているようです。」

最後に、心に残ったthanksをうかがった。

「入ってくれる時間も長い中心クルーから、“いつも店長に感謝してます”と贈ってもらったことです。」

You may also like...